尼崎市立小田北中学校13期生同窓会クラブ

尼崎市立小田北中学校13期生同窓会のブログです。2003の13組(重信学級)の同窓会、2007の還暦同窓会(全校生徒)、2011の卒業50周年同窓会、2017の古希の同窓会を経て、喜寿の同窓会に向けて情報を発信していこうと思っています。みんなの協力・提案を待っています。

カテゴリ: 浜小学校

イメージ 1

      小椋 佳 愛燦燦♪ http://www.youtube.com/watch?v=20IutvIryNo
 
・・・・・50年ぶりの同窓会ありがとう・・・・ 2009.11.22 (大村先生の文章)
 12才から62才まで半世紀ごくろうさまでした。
 今日は久しぶりにみなさんとお逢いしていろいろお話するのがとても嬉しいです
 「元気な老後を! ボケない方法教えます」 人生90年時代 これから30年もありますよ
1ボケとは:小ボケ 指示待ち、無表情
     :中ボケ 月日あやふや、昨日のこと忘れる、フロ、ガス電気消し忘れ
     :大ボケ 子供の名前わからない、フロに入らない、食事したこと忘れる
         ↓
        施設入居必要           122歳で亡くなったフランス女性(1997)
2ボケやすい人;1.趣味のない人          長寿のヒケツは?:①退屈しない
        2.社交的でない人                 :②よく笑う
        3.几帳面な人
        4.自己中心的な人
3ボケ防止
 ①外出をひんぱんに            ④日記家計簿をつける 新聞を読む
 ②よく歩く 1日7000歩→10000歩 ⑤共感ー対話ー相手の話をよくきく、自分の考えをいう
 ③役割をもつ(家庭での仕事分担)     ⑥よく笑う。:一笑一若:一怒一老

◎ボケないための三本柱ーー脳に刺激
①コミュニケ-ション          しあわせとは・・・でていくところがある
②ことば、計算、文字を使う                仲間がいる
③手、足を動かす(運動)                 やることがある 

☆おすすめ本 「「体を温める」と病気は必ず治る」石原結實著 三笠書房¥1575
        36.5度以上になったら免疫ができ病気はしない
☆兵庫県高齢会 放送大学に入りませんか
 60才以上¥6000円 ラジオ関西毎週土曜朝6:30~7.00の放送を聞いて感想を葉書に書い             て提出。講師の先生が返事をくれます。毎月会報が配られます
 くわしくは 675-0188加古川市平岡町新在家 兵庫県生きがい創造協会放送大学 079-424-3343 

・・・この文章は同窓会の折り大村先生が出席者に配ったものの全文です。さすが先生ですね!この歳になっても先生から教えを受ける幸福。大村先生、いつまでもお元気で! 

イメージ 1

Bette Midler ♪ Wind Beneath My Wings http://www.youtube.com/watch?v=oiS8YokFzeY
 最近、観たい映画がなく、あってももう終わっていて、なにかいいビデオがないかと先日、久しぶりにビデオ屋さんに立ち寄ってみました。画家が庭で絵を描いている写真のDVDがあって、長らく絵を描いていない私は、面白そうだと思って借りました。フランス映画で、予想通りいい映画だった。いや、予想以上でしたね!パリである程度成功した画家が、離婚問題や娘のこと、そして自分の仕事への情熱を失いかけていて、再生を願って生まれ故郷に帰って来る。長らく放置していた家を改装し、庭も庭師を入れて
手入れをしようと雇った男が小学生の同級生だった。画家は家業の薬局を継がず絵の道に進み、庭師は国鉄に入って保線工事の仕事に就き、団地に住み、二人の娘にも恵まれて定年後は念願の庭師になっていた・・・長くなるんで興味ある方は映画を見てください。・・・病に蝕まれていた庭師は画家の世話で
パリの大きな病院で手術を受けるが手遅れだった。余命幾ばくもない庭師は、体調が悪くなると土の上に横になって野菜や花々と時をすごす。流れてくる音楽はモーツアルトの「クラリネット協奏曲・第二楽章」K622。夕日が沈んで永遠の眠りにつくとき、この曲がぴったりあう気がしました。わたしも亡くなる時にはこの曲を流してほしいと思ったりしていました。葬送の曲のベスト10をちょっと調べてみるとイギリスでは1位がMy Way、2位が上記のベット・ミドラーのWind Beneath My Wings、3位がサラ・ブライトマンのTime to Say Goodbyeでした。数年前に近所のご婦人が亡くなられたときにかかっていたフリオ・イグレシアスのCD音楽。あの奥様はフリオ・イグレシアスのファンだったのか!?と意外な一面を知ってご婦人のご冥福をより近しい人の気持ちで祈ることができました。この映画の絵のことも書いてみたかったけど、もう寝ます。明日のために!
    写真は浜小学校2年6組、今はもうない阪神パークへ行った時の写真です。昭和30年。
~仏映画「画家と庭師とカンパーニュ」の予告編はこちらです~http://zoome.jp/eiga/diary/322

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

    「おくりびと」♪ http://www.youtube.com/watch?v=qzW3sKjt5uQ
 見逃していた映画「おくりびと」がアカデミー賞・外国語映画部門賞をとったのを記念して箕面のカルフールにある映画館で再上映されていたので先週土曜日に見に行って来ました。「マンマ・ミーア」は踊りだしたくなるくらい明るい映画でしたが、今回は泣いてばかり。亡くなった親のこと身内のこと、それに同級生のことを思い出したりしていました。俳優もびたっと役にはまっていてアカデミー賞も納得です!テーマ・ミュージックと冬の月山、音楽も映像もいい。一度、山形へ行ってみたくなりました。管理人、お勧めでございます。今回も、例の如く夫婦割引きとプレミア・モルツ付きの夕食(回転ずしだ!)〆て3700円でございました。
 *浜小学校のアルバムも終りになりました。下坂部小の田中さん、スキャナーに取り込んだらすぐに返送しますのでアルバムがありましたら郵送してもらえないでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

     この広い野原いっぱい♪ http://www.youtube.com/watch?v=5_MKKmuuDO4
         ♪画像は娘が昨年、結婚式を挙げたホテルのあるところです。
 今朝の「天声人語」に嵐山光三郎さんの同窓会に関する文章が載っていました。「人々が同窓会へ出かけて、交錯した時間の糸をたぐり寄せあうのは、昔の自分に出会おうという無為の作業である」と。また
同窓、同郷というだけで打ち解ける。共通の時代や景色の中に「昔の自分」をしばし重ねられるからだろう。育ててくれた土のにおいを確かめ、まっさらの希望を懐かしむ。・・・・
 この「まっさらの希望」という言葉に呼び覚まされて、しばし私の少年時代の「憧れ」「希望」とはなんであっただろうかと想いをはせていました。みなさんの「まっさらの希望」とは、なんだったんでしょうか?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

「マンマ・ミーア!」http://www.youtube.com/watch?v=bYrSRU6jEE4
 前回、映画と食事で〆て3700円と言うことで、若い時に比べて安くついたお話をしましたが、これって
「デフレ」って言うんじゃないでしょうか?!まだ結婚する前だったら梅田にある劇団四季の劇場に
行っていたかもしれないし、夕食は隣の「リッツカールトン」で、と言うことになれば10倍以上は掛かると思う。それに長谷川京子(インフレ!)のような美人となら、むちゃくちゃ無理をするだろうね!?今は、お互い暗黙の了解で無理をしなくなったし、体力的にできないと思います。そんなお金があるんなら、洋服買ってと言われそう(驚愕!)

↑このページのトップヘ