尼崎市立小田北中学校13期生同窓会クラブ

尼崎市立小田北中学校13期生同窓会のブログです。2003の13組(重信学級)の同窓会、2007の還暦同窓会(全校生徒)、2011の卒業50周年同窓会、2017の古希の同窓会を経て、喜寿の同窓会に向けて情報を発信していこうと思っています。みんなの協力・提案を待っています。

2024年の「喜寿の同窓会」に向けて!


年が明けて1971年1月だったと思う。Lee Abbey に住んでる学生から、どういう事情でか忘れたけれどBBCテレビのスタジオ見学の招待状をもらった。こりゃ面白いかも!O君と一緒に行きました。Top of the popsという、若者に人気の番組でペトラ・クラークやニール・ダイアモンドが、それぞれ当時の新曲を歌っていて僕ら見学者も一緒になって踊っていた。ニール・ダイアモンドは「クラックリン・ロージー」ペトラ・クラークは僕が知っている「恋のダウンタウン」ではなく、1969年公開の映画「チップス先生さようなら」で歌っていた曲ではないかったかと思う。それからジョージ・ハリソンの「マイ・スィート・ロード」が流れ、えぇー!ジョージ・ハリソンが出るの!と思ったがレコード音楽だけで舞台では女性ダンサーが曲に合わせて踊っていた。この番組は生放送ではなく、youtubeで見てみると1971/1/21となっている。放映日には、多分、O君のカメラでだったと思うが、Lee Abbeyのラウンジのテレビをカメラを構えて写真に撮りました。今見るとほんと懐かしい。
top of the pops 1971
top of the pops 2

 「愛は時を忘れさせ...4」で書きましたサマセット・モームの『剃刀の刃』の本との出会いのことを書きました。昨年の5月ごろはコロナの緊急事態宣言の最中、図書館も本屋さんも閉まっていて、なかなか読めなかった。そんな中、ネットサーフィンしているとYoutubeのブックスタンド(https://www.youtube.com/watch?v=V3OmMAU3FJQ)という番組でロバート・ハリスさんという作家の方が『剃刀の刃』を紹介されていて、最後の方で「マイ・スィート・ロード」が流れてハッ!としたことを思いだしました。番組のエンディングで司会者が60を超えても自分探しがやめられないと、おっしゃっていたことが印象的でした。
 僕は70超えても自分探しがやめられないのです。

lee abbey london1
Lee Abbey International London1970
 早々とフランス語学習をあきらめて、イギリス・ロンドンへ向かう。
パリから列車でカレーまで生き、ドーバー海峡をホーバークラフトというフェリーでイギリス・ドーバーへ。そこから列車でロンドンへ。ロンドンに着いてガイドブックを買い、ユースホステルを探す。
 ユースホステルはホーランド・パークというところにあったので、チューブ(地下鉄)に乗って目的地へ。チューブの入口はIN、出口がOUTとなっている。パリのメトロと違って分かりやすく、すぐにユースホステルに着く。日本の若者が何人かいて、いろんな話声が聞こえてくる。情報を得るために話の輪に入る。若者の中に横浜から一緒だったI君がいた。「おぬし、フランス語を勉強するとゆうてたんとちゃう?」と聞かれ「フランス語、全然わからんし!予定変更」とだけ言って、話はロンドンでの部屋探しやバイト探しに移っていった。
 ガイド・ブックで、アールズ・コートというところにいろんな国からきている学生寮のようなところを見つけて入ることに。そこから英語学校を見つけて通っていたが、持ち金がだんだんと減ってゆく。早くアルバイトをと、焦りの気持ちもあって、なかなか英語学習が身に入らない。そうこうするうちにユースホステルで知り合った日本の若者O君が近くに部屋を借りて住むようになったので、心細かった僕は、時々遊びに行くことに。クリスマスは僕が住んでいるLee Abbey Internationalで祝ったり、
大晦日はO君ところでI君と3人で正月を迎えたりで、今思うと自分の目的からずれまくってしまっていることがわかる。
london
 Googleで調べてみると、O君の部屋は現在、Windsor House Hotelになっていてグリーンの庇のあるところ。彼は庇の上の部屋。後に、僕もこの建物の3階にI君とシェアして住むことに。

学部長とガック

朝日新聞の512()(2012)朝刊阪神版に「リタイア後 憧れの歴史学」という記事が載っていました。日清製粉グループ元社長・村上さん母校・関学大の院に入学したという母校のキャンパスを背景に写真入りで大きく取り上げられていました。「東京での特別顧問として週2回、本社への出勤。授業のある火、水、木曜日に合わせて都内の自宅から西宮上ケ原キャンパスに通い、20代の同級生らとゼミや専門科目の講義を受ける」とある。

 

 年金だけでは生活できずタクシードライバーをしながら大学、大学院と通っている私にはキャンパスを背景に写っている彼のどや顔にジェラシーを感じる記事でありました。

 

 日曜日には、米映画「幸せの教室」という、あまりお金のかけていない映画を見に行ってきました。主人公のラリー(トム・ハンクス)は長年勤めたスーパーを突然解雇になる。その理由が、高卒だからという。奮起した彼は地元の短期大学に通う決心をする。そこで、美人教師と知りあうというラブストーリ、まぁB級映画でしょうかね。単純で、気持ちが楽になる映画でした。私のような人を相手のサービス業の仕事をしていると、厭なことが多くストレスがたまる一方なので、こういう気楽な映画がリラクッスできるので、よく映画館に足を運びます。

 

 そして今日のNHKのニュースを見ているとアメリカの名門大学の一つ、コロンビア大学で、19年間構内の清掃員をしながら授業料の免除制度を利用して勉強を続けた男性が、13日、学士号を取得して卒業し、全米で話題となっているとニュースを流していました。仕事をしながらの大学生活、しかも中高年、でも私より一回り下だけど、共感を覚えました。彼の名前はガッツ・フィリーパイ(52)。ほんとガッツある人です。「フィリーパイさんは旧ユーゴスラビアで生まれ。32歳のとき、戦渦を逃れてアメリカに渡りました。当時、英語が全く話せなかったフィリーパイさんは、コロンビア大学で清掃員の仕事を得たあと、大学が職員に対して設けている授業料免除の制度を利用して英語を勉強し、40歳からは一般教養の授業を受け始めました。

 午前中は授業に出席し、午後は11時まで掃除やゴミ捨ての仕事という生活を19年間続けた結果、このたび古典学の学士号を取得し、13日、卒業しました。アメリカのメディアは、フィリーパイさんの卒業を大きく取り上げ、「働きながら学ぶということに新しい意味を与えた」などと称賛しています。フィリーパイさんは次は修士号を狙いたいとして、このまま清掃員として大学に残り、勉強を続けるということです。」とNHKは伝えています。このガッツ・フィリーパイさんのニュースは土曜日の朝日の記事、日曜日の「幸せの教室」という映画などと比較してはるかに素晴らしい出来事だったとおもいます。「幸せはポケットにない、心の中にある」という彼の言葉にも感動しました。

'The richness is in me, in my heart and in my head, not in my pockets.'

2012514日に他のブログに掲載したものです。今読むと昨日のことのように思い出されます。



↑このページのトップヘ